Homeエレベーター修理 > エレベーターの危険性について

エレベーターの危険性について


エレベーターを利用する際に、地震や機械の不具合で中に閉じ込められてしまう危険性があります。

閉じ込められた際に絶対にやってはいけないのは、内部から自力で脱出しようとすることです。

テレビドラマ等で頻繁に見かけるので、ドアや天井を無理やりこじ開けて脱出を図る人は多いです。

しかし、そのような行為は危険なので、外側から救助されるまで待つことが基本的な対処法といえます。

故障したエレベータを修理できる会社

閉じ込められた場合の正しい対処法は、まず扉の開閉ボタンを押してドアが開くかどうか試します。

その後、全てのボタンを押してエレベーターが動かないか試します。

それでも駄目ならば、非常ボタン、外部へ繋がるインターフォンを押して外部に助けを求めて待ちます。





Copyright© 大人の教養アップ系教室一覧 All Rights Reserved.