HomeNLP > VAKモデルとは

VAKモデルとは


2015-04-18_150312

VAKモデルという言葉、聞いたことがあるでしょうか。

人と、人は、コミュニケーションにギャップを持っています。
それは、人によって、どの五感を重視しているのかが大きく変わってくるからです。

五感というと、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、身体感覚と、ありますが、

VAKモデルでは、
V(visual)←視覚
A(auditory)←聴覚
K(kinestuc)←身体感覚

の三種類から考えていきます。

では、VAKモデルを自分に活用する方法を説明していきますね。

視覚優位の方は、目で見ながら学習すると、効率が良くなります。
聴覚優位の方は、オーディオで音を聞きながら学習するのがオススメです。
身体感覚優位の方は、身体を使うことで、学習の効率が良くなります。

VAKモデルを相手に対して活用する方法は、
視覚優位の方へは、絵や写真などを見せながら話すとスムーズにコミュニケーションが取れます。
聴覚優位の方へは、じっくり話すことでスムーズにコミュニケーションが出来ます。
身体感覚優位の方へは、
商品や説明したいものを触ってもらうなどすると、上手くコミュニケーションが取れます。

このようにして、人の感じ方の違いにも意識できるようになることが出来ます。

VAKモデルはNLPの一つの用語です。

NLPが学べる格安のスクールはこちらがオススメです!





Copyright© 大人の教養アップ系教室一覧 All Rights Reserved.