Home教養 > 教養を身についている大人はなぜかっこいい?

教養を身についている大人はなぜかっこいい?


aaa25dd362a968aead083b327fbed22b_m

教養は必ずしも様々な分野のことを

幅広く知っているからいいというものでもないと思います。

広く知っている分、知識は浅くなりやすくなります。

あるひとつの分野に対しての深い知識、それに伴う理解力や考察力があれば、

その人は教養があると言えるのではないかと思います。

自分で吸収した知識を自分のものにしなければ、教養があるとは言えませんよね。

知っているだけでなく、それに対して自分がどう考えているか、

理解しているか、使うことが出来るか、

それが大切ではないかと思います。

何かひとつ専門的なことに対して深く学んでいく、

そうして自分に身についた教養を持っている方は、

どこか人として素敵だと思いませんか?

学ぶことで精神が変わってきます。

人は外から変わるのではなく、中から変わるものだと感じます。

いくら外見を着飾って煌びやかなものを身につけていても、

中身が何も無かったら、それは本当に素敵に見えるでしょうか?

素敵なひとは体の中から滲み出てくるものがあるはずです。

それが、その人をより魅力的に見せています。

顔の器量でも、スタイルでも、外見でもない、

その人自身が輝いているように見えます。

だから、教養がある人はかっこよく見えるのです。

自分の意見や考えを他人に押し付けるだけでは、

それは強要になってしまいます。

なぜ、教養がある人が素敵なのか。

それは、自分が努力して身につけたものが

その人の魅力となって外に滲み出るからですね。





Copyright© 大人の教養アップ系教室一覧 All Rights Reserved.